よくある質問

水についての素朴な疑問から、当サイト商品についての質問などにお答えします。

Q.フコイダンってなに?

A.「フコイダン」って初めて耳にしたという方もおられるでしょう。事実、ほとんど知られていませんでした。しかし、2002年5月にテレビで放映され、にわかに注目を浴びました。その年の9月には、別の番組、また別の番組と立て続けにテレビに登場し、多くの方の目に触れることになりました。「フコイダン」というのは、

  1. フコイダンは、海藻の「ヌルヌル成分」である。
  2. モズクが一番多くフコイダンを含んでいる。(コンブの約5倍)
  3. モズクには、9種類の必須アミノ酸やミネラル分を豊富にバランスよく含んでいる。

と言われています。そのため私どもは、トンガ産モズクより抽出されたフコイダンに特にこだわるのです。

Q.どんな味?

A.加糖は、モズク酢のすっぱさを省いたような味です。無糖は、液体そのもので味がしません。冷やして飲むと、おいしく飲み易くなりますよ。

Q.保存はどんなふうにしたらいいの?

A.「ヘルシーウォーターDOW」は、トンガ産の天然モズクからアワビなどの貝類の消化酵素を利用して抽出された天然エキスです。

ですから開封されましたら、1ヶ月を目安にして飲み終えるのが良いようです。未開封でしたら、製造から約2年の賞味期限があり、表示もちゃんとラベルにしてありますので、ご安心ください。

冷蔵庫で冷やして飲むとおいしく飲めますよ、詰め替え用ペットボトルを利用して下さいね。

Q.どこで買えばいいの?

A.もちろん、「瀬讃海洋深層水販売」で販売していますよ。ホームページのご注文ページや、フリーダイヤル、ファックスからできますよ。

また、ヘルシーウォーターDOWを取扱店でも買えるかと思いますが、私ども、「瀬讃海洋深層水販売」では、初回購入して頂くと、5%程お客様に還元させて頂いています。

まとめて購入のお客様や継続のお客様には、すばらしい特典をつけています。さらに新鮮な情報満載で、当サイトにしかない特典をご用意していますので、ぜひ購入の際は、「瀬讃海洋深層水販売」で。

Q.いつ届くの?

A.月~金の午後5時までにご注文頂きますと基本的に当日発送致します、午後5時以降の受注分は翌日発送致しますので、九州・四国・中国・関西・東京は翌日また一部翌々日のお届け。

関東・信越・中部・東北は翌々日のお届けで、北海道・沖縄は4~5日後のお届になります。発送から少しお時間を頂いていますが、新鮮な情報も満載でお送り致しますので、お待ちください。

その他のご質問はお電話やメールフォームでも受け付けています。(相談は無料です)土日・祝日でもかまいません。通話料無料(9:00~22:00受付)

Q.「にがり水」って何?

A.国産ミネラルウォーター(軟水)に「にがり」を加えると、外国のミネラルウォーター(ミネラルを多く含んだ水)と同じような成分の硬水を作ることが出来ます。

Q.外国のミネラルウォーターには、どんな効果があるの?

A.ヨーロッパのミネラルウォーターが特に有名です。また、ミネラルウォーターは硬度によって、様々な商品があります。現在、飲料水で最高硬度は、硬度1500のフランス産の飲料水です。この水を飲むことによって、ダイエットに役立つと言われています。その理由としては

  • 新陳代謝が上がることにより、デトックス効果が期待できる
  • ダイエット時に不足しがちなミネラルが補える
  • 水に含まれるたくさんのミネラルが腸を刺激するため、腸内の動きが活発になり、便秘解消に役立つ

などが言われています。

Q.硬度って何?

A.硬度とは、水に含まれるミネラル(カルシウムマグネシウム)の合計量を数値化したものです。

硬度100(mg/L)以下を「軟水」、100~300(mg/L)を「中軟水」、300(mg/L)以上を「硬水」といいます。硬度は、下記の計算式から算出できます。

硬度=カルシウム(mg/L)×2.5+マグネシウム(mg/L)×4

一般的に、カルシウムが多いと飲み口が重たい感じになり、マグネシウムが多いと苦味を感じるようになります。

Q.日本とヨーロッパの水は、何で硬度に差があるの?

A.ヨーロッパの地層はカルシウムとマグネシウムが含まれる岩が多いですが、日本の地層は、カルシウムやマグネシウムが少ないため、ミネラルの量はヨーロッパと比べて少ないです。その為、日本では軟水が、ヨーロッパでは硬水が多く採水されます。

Q.にがりを利用した硬水の作り方って、どんな物があるの?

A.水に「瀬讃のにがり」を加えることで、硬度の調節が可能です。

  • 水1Lに対して「にがり」1mL硬度約300
  • 水1Lに対して「にがり」3mL硬度約900
  • 水1Lに対して「にがり」5mL硬度約1500

現在、飲料水の最高硬度は1500です。この値を大幅に超えた硬度で飲む場合、下痢や腹痛になる恐れがあります。飲料水の硬度は、最高でも1500(mg/L)程度をおすすめします。

また、胃の機能が低下している方は控えて下さい。

Q.ミネラル補給は出来るの?

A.今の時代の日本人は、食生活の欧米化などが原因でいつもミネラルが不足している状態です。特にカルシウム不足は深刻で、成人1人あたりの必要量600mgに対し、日本人のカルシウム平均摂取量は550mg程度しかありません。

女性の場合、無計画なダイエットにより、ミネラル摂取不足を招きやすく、骨まで痩せてしまう可能性があります。そんなことにならないように、ミネラルはきちんと摂取しなければなりません。

「瀬戸のにがり入り海洋深層水」は、マグネシウムだけではなく、カルシウムも含んだミネラルが多いにがりを配合して作れています。マグネシウムとカルシウムを同時に摂取することで、カルシウムがより吸収されやすくなるといった効果もあります。

Q.硬水と軟水の使い方って、どんな物があるの?

A.ミネラルをたっぷり含んでいる硬水は、飲むだけでミネラルの摂取に役立ちますが、料理には向いていません。

硬水中にマグネシウムが多く含まれる場合、口当たりが固く、清涼感に欠け、苦味も増す為、水主体の汁物や煮物料理には向いていません。

また、硬水でお米を炊いたり、野菜をゆでると、硬水中のカルシウムが、食物繊維を硬化させるため、パサパサに仕上がってしまったり、たんぱく質と結合することで、うま味が出なくなったりします。

ミネラルをそれ程含んでいない軟水は、ミネラルの補給という点では不向きですが、食物本来の風味を維持し、食物の長所及び料理の味を引き立てるという特性があります。それとは逆に、硬水地域が多いヨーロッパでは、日本のような調理方法はとらずに、ワインやバター、香辛料等を使って、味を良くするためのコントロールをしてきました。

つまり、軟水には軟水の良い面があり、硬水には硬水の良い面があるというわけです。調理の面では、軟水地域が多い日本では、昔から、素材のもつ風味を損なわずに生かす方法がとられてきました。

硬度別による使われ方
硬度50以下

和風のだし、お茶、コーヒーに向いている

硬度50~100

炊飯、調理用

硬度170

ウイスキーの水割り、洋風だし

硬度300

食欲増進の効果あり、食前酒の代わりに

硬度600以上

スポ-ツ後のミネラル補給におすすめ

飲料最高硬度1500

ダイエットや便秘解消に効果あり